前へ
次へ

中古物件で不動産投資を始める時の注意点

不動産投資の1つである賃貸経営を始める時は、中古物件を購入して始める方法もあります。中古のマンションやアパートを買い取って始める事によって初期費用を抑えることができます。もし、土地を購入して新築のマンションなどを建設する場合だとたしかに入居者がすぐにあつまる可能性がありますが、その分初期費用が多くなり負担が大きいです。つまり、少しでも金銭的な負担を抑えたいのであれば中古物件で不動産投資を始める方が良いという事です。しかし、中古のマンションやアパートで賃貸経営を始める場合は、物件の状況次第でリフォームする事が大事です。古い物件だと設備も古くなっており見た目が悪くなり印象もいまいちです。つまり、入居してくれる人が増えない可能性があり空室が目立つ可能性もあります。それを防ぐためには、リフォームしてある程度リフレッシュしていくことが必要です。設備や壁、外観などをリフォームすればそれだけで綺麗になり好印象です。

Page Top