前へ
次へ

長期リターンを狙うならマンションへ不動産投資

長期的に不動産経営を考えるなら、マンション投資が一番期待できるのは事実です。株などに比べ、マンションへの不動産投資には定期収入という違いがあります。入居者を確保する必要がありますが、借り手がつけばその後数年間住み続けることが多いため、借り手さえいれば継続して収入が得られます。長い目で見たときにメリットが多く、将来なかなか働くことができないような状況になっても、マンションが変わらず収入源になってくれるのは心強いことです。こうした理由から、若い世代にマンション投資を始める人が増えています。資金の準備が気になるかもしれませんが、投資は住宅ローンが組みやすいので、500万円程度の頭金を用意できれば、人気物件を手に入れることもさほど難しくはありません。もちろん家賃がすべて収入になるわけではなく、税金や修繕費、管理費などがかかりますが、それでも入居者さえいれば長期的に安定した収入を見込める大きな財産になるのです。

Page Top