前へ
次へ

どういう不動産投資を行なうのか

不動産投資を行なう際、どういう方法で行なうのかということもチェックをしてみるとよいでしょう。土地を所

more

売買引き合いが多いほど投資対象になる不動産

一般的に大都市圏と地方では地価に大きな違いがあるので不動産を購入する場合、同じ面積であれば金額が大き

more

中古物件で不動産投資を始める時の注意点

不動産投資の1つである賃貸経営を始める時は、中古物件を購入して始める方法もあります。中古のマンション

more

不動産投資の空室対策で家賃を下げるか

中々商品が売れないときの策として行うのが値引きかも知れません。物の価格は需要と供給で決まるとされ、物の価格が割高と感じられればなかなか買ってもらえません。価格を下げて消費者が購入したい価格になれば売れる可能性があります。最初の価格に問題があるときは価格の変更をした方が良い時もあります。しかし安易に価格を下げない方が良い時もあり、ブランドを重視するようなときはできるだけ値引きは行いません。売れないなら売れない商品を店頭から降ろしてより価値のある商品を並べて売上を維持しようとします。不動産投資をするときには空室が多いか少ないかでその物件の人気の度合いを考える時があるでしょう。以前は空室率が低かったのに徐々に高くなってきたとき、人気が下がってきたからと家賃を下げて募集をすることがあります。経営をしていく上で家賃の値下げは有効な対策になるのか、その他にもっと有効な対策はないのかを考える必要がありそうです。

自然の素材を使用した住宅の施工

埼玉のお家の専門家「パートナーライフ」
屋根の雨漏り修理は私たちにお任せください

同時に2棟貸切をすることもできます
石狩で宿泊するならぜひSoliiをご利用ください

空室が多くなってくるのには原因があり、それが分からない限りむやみに値下げなどをしてはいけません。業者に相談すると周辺の同等物件の家賃の調査などをしてくれ、今の家賃が割高なのかどうかもわかります。もし明らかに割高なら下げることで空室率を改善できる可能性はあります。家賃を下げる以外の方法として物件の価値を上げることがあるでしょう。空室の部屋に対して設備を全て入れ替えるリフォームを行えばコストはかかりますが部屋の価値は上がります。きれいだからと高い家賃でも入居したいと考える人は増えるでしょう。内装だけでなく外装をきれいにしたり、共用部分の改修を行うことでも物件全体の価値が上がり対策前は割高だった家賃が相応の家賃になるときもあります。不動産の建物部分は年数がたてば傷みが出て価値はどんどん減ってきます。だからと言ってそのたびに家賃を下げると投資効果も薄れます。家賃を下げなくても物件の価値を維持できる方法を考えて経営する方法を取っていくと良いでしょう。ペットが飼えないとしていたところを飼えるようにするだけでも価値のアップになります。

Page Top