前へ
次へ

売買引き合いが多いほど投資対象になる不動産

一般的に大都市圏と地方では地価に大きな違いがあるので不動産を購入する場合、同じ面積であれば金額が大きく異なります。言い換えれば、不動産に対する需要度合いが異なるので地価相場がまるで違うことを意味しています。企業が製品を生産する工場や物流基地を作ろうとすれば商品の大消費地近辺の方を購入しようとするケースが多いので、人口の多い地域の不動産地価相場の方が高くなる傾向があります。住宅団地を建てる場合も街並みの揃った地域の方が地方の人口まばらな地域より好ましいと考えられるので同様の傾向が見られます。こうして、売り手と買い手の間で売買の引き合いがあれば投資対象となるわけです。但し、企業は利益を生むために原料を調達し、製品を生産して物流基地や販売拠点へ運搬し、消費者に買ってもらう事業活動を行うわけです。従って、事業活動に最も適した拠点をできるだけ安く購入しようとするわけですから売買価格は売り手との交渉次第です。こうした引き合いの交渉が行われる対象地域が投資対象として狙われて、しばしば不動産会社や投資専門企業が事前に購入しておくケースがあるわけです。

Page Top